資金調達をする方法はいくつかありますが、その一つが株式の発行です。

 

株式会社の場合、新たに株式を発行して、それを売却することによって資金を調達できます。
そのメリットはというと、返済の必要がないことです。

 

借入を行った場合、企業の業績がどのようになったとしても返済をしなければなりません。

 

株式の場合には、業績が良ければ配当金を支払うことになりますが、業績が悪ければ支払うことはできません。
業績が良かったときに分配するという形をとれますから、資金調達の方法としては適しています。

 

デメリットは、業績拡大の見込みがないと成功しないことです。

 

業績に見込みがないと株式を引き受けてくれる投資家は現れないでしょう。
その意味では資金調達は難しいとも考えられます。

 

また、株式を第三者に渡すことによって経営権を握られてしまうと言うことも考えなければなりません。

 

ある程度の業績があって今後は伸びる可能性があるのならメリットを生かすことができますが、
そうではない場合にはあまり適した方法ではありません。

 

最悪の場合には会社を乗っ取られてしまうと言ったこともありますから、
株式の発行による資金調達にはリスクが伴うと考えておいた方が良いでしょう。

資本による資金調達について

資金調達にはいくつかの方法がありますが、その一つが資本による資金調達です。

 

これは株式会社でよく用いられる方法です。資本を増やすと言うことは、つまり外部から出資を受け入れることを意味します。
株式会社の場合、株式を新たに発行し、それを売却することによって資金を得ることができます。

 

これによって資本は増強されると言っても良いでしょう。

 

発行できる株式数に余裕がある場合には、新たに発行することができます。
発行できる株式数に余裕がないときには、定款を変更するなどして発効できるようにしなければなりません。

 

そのための手続きが必要となることもあります。

 

ただ、借入のように返済を迫られるというものではありませんから、この点では優れています。
業績が拡大したときには、配当金を支払いますが、業績が悪化したときには支払わなくて良いというメリットがあります。

 

このように企業側にとっては都合が良いのですが、その分だけプレミアムを要求されます。

 

一流企業であれば簡単に資金調達できますが、あまり有名ではない企業なら、
かなり割安の価格で売らなければならないこともありますから、必ずしも有利なことばかりではないという点に注意が必要です。

資金調達の方法の種類

資金調達とは、企業などが外部から資金を調達することを指しますが、これにはいくつかの方法があります。

 

資産ではなくて資金ですから、つまりキャッシュを得ることを指すと考えればわかりやすいでしょう。
その方法はいくつかありますが、資本と負債の二つに分けることができます。

 

たとえば株式会社が新たな事業に展開をするときに増資することがあります。

 

増資による資金調達では株式の発行を伴います。この場合、資本が増え、それとともにキャッシュが増えます。
これに対して借り入れによって資金調達をする場合には、資本の増減は伴いません。その代わりに負債が増えます。

 

負債が増えた分だけキャッシュが増えることになります。

 

負債にい夜資金調達は借り入れだけではなくて、社債の発行やCPの発行などもあります。
資金調達をするのは企業ですが、その資金を提供するのは金融機関や個人であることが多いです。

 

企業が資金調達をするのに応じる側は資金を与えることになります。

 

それによって利益を得ることができ、このことを資金運用、あるいは投資と呼ばれることになります。

 

資金調達と資金運用は表裏一体の関係であって、金融の中で最も重要な部分を担っていると考えられます。

参考サイト

  • 事業資金

    今さら聞けない事業資金の融資の受け方、起業には欠かせない資金調達方法など。

  •  

  • 銀行の主婦向けキャッシング

    数あるキャッシング会社の中でも、主婦に最適な会社をランキング比較しています。